大切な家族の供養|犬の健康管理は手作りご飯で出来る【いつまでも元気でいる方法】
レディーとペット

犬の健康管理は手作りご飯で出来る【いつまでも元気でいる方法】

大切な家族の供養

御骨

後悔をしないように

大切なペットが亡くなってしまったら、ちゃんとペット供養をしてあげなくてはいけません。動物も亡くなると死後硬直が始まりますので、筋肉が硬直する前には瞼や口を閉じて、出来る限り自然の形にして挙げましょう。そして、そのままにするのではなく、丁度良いサイズの段ボールなどを用意して、寝かしてあげて下さい。下にはペットシーツや新聞紙を敷いて、体液が漏れても大丈夫なようにしてあげましょう。腐敗を防ぐためにも、ドライアイスや保冷剤を用意してあげて、身体をちゃんと冷やしてあげると安心です。ペット供養をする際には、その後で業者を呼んであげましょう。大切なペットと別れるのは辛い事ですが、何時までもそのままにしておくことは出来ません。ちゃんとお別れをして、安らかに眠ってもらうためにペット供養はあるという事を覚えておきましょう。

どんな方法があるのか

ペット供養の方法は色々とあります。火葬をしたあと、ペット霊園に入れて納骨、埋葬をするところもあれば、一度納骨を自宅に戻すというパターンもあります。ずっと手元に置いておいて、自宅供養をする事も出来ます。そしてお墓を建てたり、仏壇を作ったりと、色々とありますが、何が正解という事はありません。飼い主様がどうしたいのかというのを優先して、ちゃんと供養をしてあげましょう。墓石はお値段もお手ごろなものもあれば、本格的なものもあります。毎日お供え物をちゃんとあげたいという人は、仏具も売っていますので、一度チェックをしてみると良いでしょう。ペット供養は自分に合ったスタイルで、どのようにしてあげたいのかというのを、ちゃんと考えるようにしましょう。